筋トレは継続なりです

「プールや海でだらしない身体をみせたくない」「最近、嫁(彼女)にお腹の贅肉をムギュムギュされる」「風呂上がりの姿を見て目眩がした」等様々な理由で筋トレを開始する人が沢山いると思います。

でも、1日2日で簡単に筋肉がつくわけでなく、継続してやらないと意味がありません。筋トレした直後に鏡をみて「おっ!少し筋肉がついた!?」と思うかもしれませんが、そんなのは一瞬の幻で一晩もすれば元に戻ってます。

ジムに通ったり、器具を買ったりする必要はなく(もちろんジム通い、器具購入の法が効率的に筋力はつきますが・・・)腕立て伏せ、背筋、スクワットの単純な無酸素運動+ランニング等の有酸素運動だけでも、継続させればそこそこ引き締まったかっこいい身体は作ることはできます。

最初から腕立て伏せ100回とかむちゃな負荷をかける必要はありません。最初は10回だけでもいいです。慣れてきたら20回、30回とふやしていけばいいです。

食事も鶏のササミだけ食べるとかフライ物の衣を取ってたべるとかする必要はありません。こんなことはアスリートがするべき事です。

きつい食事制限までしてしまうと余程の鉄の意志がない限り長続きしません。食べ過ぎはいけませんが、バランスの良い食事を心がけましょう。

長続きする筋トレをしてかっこいい身体を作りましょう。

自分の脳をチューニングするために

筋トレはとにかく面倒くさいです。きつくてしんどいイメージがあります。

出来れば筋トレなんかせずに一生を終えたいなんて人も多いはず。しかし筋トレをするメリットは沢山あります。

着目すべきは精神面への影響だと思います。筋トレをすると幸せになるホルモンが出ます、意欲もわきます。

筋トレの結果セロトニンやテストステロン、ドーパミンなどが出ることが分かっています。

このホルモンはひょっとしたらぼんやりした自分の人生を変えるかも知れません。

ジムにいったり器具のトレーニングが必要になるのではないかというひともいるかも知れませんが、普通の体の人には自重トレーニングで充分です。

自重トレーニングは自分の体の重さを使うトレーニングです。腕立て伏せや腹筋背筋体幹トレーニングも含みます。

自重トレーニングについては写真入りの詳しい本が出版されています。安価で購入することが出来ます。

もっと手っ取り早く安いのがYouTubeです。正しいフォームや食事についても調べてくれます。YouTubeを見ながら自重トレーニングをするのに元手は不要です。

さらにメイプアップなどのサプリを摂取すれば、効果も早く現れてくれます。

いつやめても良いしやめてからいつ再開しても良いのです。本当に気楽です。自分のペースでいくらでも出来るのでオススメしたいです。

筋トレは肉体面にいい変化がもちろんありますが、もっと精神面に注目が集まってもいいはず。

良くない気分を改善するためにも筋トレはオススメです。筋トレは精神面に良い影響を与えます。

筋トレを継続的にする方法

こんにちは。30歳男性です。

これから、筋トレを継続的にできる方法をいくつか紹介します。

自分に当てはまる~って思った方は参考にしてください。

まず一つ目は、ジムに行くこと。

単純にジムに行けと言われても、お金がかかるし、普段仕事してるからそんな時間ないよって思いますよね。

でも、ジム、お金、時間がない、このキーワードが重要なんです。

なぜ、家で筋トレができるのにわざわざお金をかけてジムに行かなければいけないのか?

それは、自分のお金だからです。

自分の家で筋トレをしていると、人間はどうしても甘えがでます。

観たいドラマがあったり、今日は疲れたから明日にしようとか様々な事を理由にしてしまいます。

筋トレ以外でも似たような経験されたことありますよね。

自分のお金でその場所に行かなければいけない状況を作ってしまえば、モチベーションも上がりますし、行かなきゃ損ですよね。

ジムに行けば、人とコミュニケーション取りながらやるのも楽しいし、教えてくれるスタッフさんたちも優しいので継続できますよ。

なのでジムに行くことをおススメします。

 

二つ目は、筋トレする目的を考える事。

何のために筋トレをするのか、誰のために筋トレをするのか。

よく考えながら筋トレすれば良いと思います。

例えば、体を大きくしたい人は何のために誰のためにやるのか。

彼女に言われたから、モテたいから、スポーツをやっているから。

何でもいいので目的があれば、継続的にできると思います。

 

僕が最後に言いたいのは、時間を作って自分のお金でジムに行き、ちゃんとした目的をもっていれば、継続的に筋トレができますよってことです。

ぜひ、参考にしてみてください。

Kostenlose Homepage erstellt mit Web-Gear

Verantwortlich für den Inhalt dieser Seite ist ausschließlich der Autor dieser Webseite. Verstoß anzeigen